読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Mac&Apple最新情報まとめ

Stay hungry, stay foolish

日本時間3月25日(土)より赤いiPhone 7/7 Plus(PRODUCT)RED発売|価格、機種変更方法まとめ

アップルは21日、iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED Special Editionを発表した。3月25日の0時1分より注文を受け付け、Apple Storeで一括購入した場合の価格は、iPhone 7の128GBモデルが83,800円、256GBモデルが94,800円。iPhone 7 Plusの128GBが96,800円、256GBが107,800円。

iPhone 7/7 Plus (PRODUCT)REDモデルの購入金額の一部は、HIV/AIDSプログラムの資金として「世界エイズ結核マラリア対策基金(グローバルファンド)」に寄付される。

また、iPhoneの低価格版「iPhone SE」の32GBと128GBのモデルも、同じく25日0時1分から注文を開始。Apple Storeでの一括購入時の価格は32GBが44,800円、128GBが55,800円。カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレイ、ローズゴールドの4色。

iPhone 7/7 Plusの(PRODUCT)RED

4.7型ディスプレイの「iPhone 7」と、5.5型「iPhone 7 Plus」の特別仕様モデルで、背面カラーはレッド。前面のベゼル部はホワイトのカラーリングとなっている。

カラー以外は既存モデルと共通で、IP67準拠の防沫・防水、防塵仕様。カメラはiPhone 7がリア1,200万画素、フロント700万画素で、光学式手ブレ補正を装備。

iPhone 7 Plusは、望遠と広角の2つのカメラを用いたデュアルカメラを搭載。いずれも1,200万画素で、広角側はF1.8レンズ、望遠側はF2.8レンズを採用。光学手ブレ補正も備え、デュアルカメラを活かした劣化の少ないズームが可能で、光学ズームは2倍。

いずれも、4K/30fpsや、1080/30fps、60fpsのビデオ撮影、1080/120fps、720/240fpsのスローモーションビデオ撮影にも対応する。また、ビデオの光学式手ブレ補正も備える。

ディスプレイは、iPhone 7が4.7型/1,344×750ドット液晶(326ppi)、iPhone 7s Plusは、5.5型/1,920×1,080ドット液晶(401ppi)の「Retina HDディスプレイ」で、コントラストは7が1,400:1、7 plusが1,300:1。

ステレオスピーカーを搭載。ヘッドフォンジャックは削除され、Lightning経由でオーディオを出力。付属イヤフォンの「EarPods」もLightning直結型のものとなる。従来のイヤフォンが利用できる3.5mmヘッドフォンアダプタも付属。64ビットアーキテクチャ搭載の新CPU「A10 Fusion」と、組み込み型M10モーションコプロセッサを内蔵。

外形寸法/重量は、iPhone 7が138.3×67.1×7.1mm(縦×横×厚さ)/138g、iPhone 7 Plusが158.2×77.9×7.3mm(同)/188g。同梱品は、EarPods with Lightning Connector、Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ、Lightning-USBケーブル、USB電源アダプタなど。

iPhone7 iPhone7 Plusどっちを購入すべき>>

iPhone 6s/6s PlusとiPhone7の違いはどこ?どっちがお得?

 

iPhone SE32/128GBモデル

16年に発売された「iPhone SE」は16GBと64GBの2モデルだが、3月25日からは、それぞれ容量2倍となる32GBと128GBの2モデル展開となる。

ストレージ以外は従来モデルと共通で、4型/1,136×640ドットのRetinaディスプレイを搭載。コントラスト比は800:1。

カメラ部は1,200万画素のiSightカメラを搭載。動画撮影は4K(3,840×2,160/30p)に対応。1080/60p/30pの撮影も可能で、1080/120pのスローモーション撮影やタイムラプス撮影なども行なえる。内側のFaceTimeカメラは120万画素。

外形寸法は123.8×58.6×7.6mm(縦×横×厚さ)で、重量は113g。ステレオミニ接続のEarPodsや、Lightning-USBケーブルなどが付属する。