Mac&Apple最新情報まとめ

Stay hungry, stay foolish

2017 新「iPhone」のインカメラ、立体撮影で顔認証~

f:id:mac-iphone-2017:20170228123513p:plain

自撮り用カメラで顔認証や虹彩認証

この話題の情報源は、アップル製品の市場動向やサプライチェーン情報に詳しく、新製品や発売時期を当ててきたことで知られる台湾KGI証券のアナリスト、ミン・チー・クオ氏。

同氏によると、次期iPhoneの前面カメラ、つまり自分撮り用カメラには、従来と同じカメラモジュールのほか、画像の立体情報を得るための2つの赤外線モジュールが搭載されるという。

これにより、前面カメラで被写体の構成要素のそれぞれの位置や奥行きといった立体情報が得られるようになる。これが何に利用できるかというと、これまでもiPhoneに搭載されるとの観測が出ていた、顔認証や虹彩認証の機能だという。

これに先立ち同氏は、アップルがより高度のセキュリティ機能を実現するために、iPhoneの将来版で指紋認証機能「Touch ID」を廃止し、顔認証機能を導入すると報告していた。今回の報告で、それが今年発売のモデルになる可能性があると同氏は指摘している。

こうした立体情報を得られるカメラを使うと、利用者は自分撮りの3D(3次元)画像をゲームに登場するキャラクターの顔として使ったりすることもできる。将来は仮想現実(VR)や拡張現実(AR)への応用も考えられるという。

買収したイスラエル企業の技術を採用

f:id:mac-iphone-2017:20170228123545p:plain

なお、アップルはこうしたカメラ機能を実現するために、2013年に買収したプライムセンス(PrimeSense)というイスラエル企業の技術を使うようだ。

この企業は、米マイクロソフトジェスチャー入力コントローラー「Kinect」の初代機に技術を提供したことで知られていた。

その技術は、カメラとセンサーを用い、3D空間における物体の奥行きなどを検知するというもの。人物やその動きを認識でき、ビデオゲームやテレビのコントローラーに代わる入力装置に利用できるため、アップルはこの技術をパソコンやiPhoneiPadなどに導入する可能性があると、米ウォールストリート・ジャーナルは伝えていた。

2017年モデルには無線充電搭載か

クオ氏は次期iPhoneについて、このほかにもさまざまな予測をしている。

同氏はiPhoneの2017年モデルについて、現行のiPhone 7と同7 Plusのデザインを踏襲した2モデルと、まったく新しいデザインを採用した最上位モデルの計3種が用意されると予測している。そして、それらのすべてに無線充電機能が組み込まれる見通しだという。

このうち最上位モデルは、iPhoneとして初のOLED(有機EL)ディスプレーが採用され、ディスプレーの端部分がカーブした縁のないデザインとなり、本体背面にはガラス素材が用いられると、同氏は予測している。

news.yahoo.co.jp

matome.naver.jp